学校生活の様子

令和2年度

県高校総体代替大会・高校野球宮城大会等が開催されました。

 新型コロナウイルスの影響により,6月に開催が予定されていた宮城県高等学校総合体育大会が中止となり,各競技専門部の判断により,7月から8月にかけて多くの競技で代替大会が行われました。第3学年の選手を中心に,これまで部活動に取り組んできた集大成として大会に臨みました。

 女子バドミントン部の個人ダブルスでは,岩渕・吉田組が第3位の成績を収め,陸上競技では,800mで3年蝦名君が6位,砲丸投げで3年伊藤君が7位とそれぞれ決勝まで進出し入賞を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校総体代替大会バドミントン競技 女子ダブルス第3位

    8月10日(日),11日(月)セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)を会場に,令和2年度宮城県高等学校総合体育大会代替大会バドミントン競技が開催され,女子ダブルスで本校3年岩渕莉奈・吉田詩菜ペアが,見事第3位の成績を収めました。

   ベスト4をかけた準々決勝では,第4シード東北高校を破って勝ち上がった迫桜高校のペアと対戦し,2-0のスコアで快勝しました。続く準決勝では,第1シードの聖ウルスラ学院英知高校ペアと対戦しましたが,惜しくも0-2で敗退しました。

 岩渕さんは「ミスが続いたときもお互いに声を掛け合って何とか乗り切りました。」と試合を振り返り,吉田さんは「個人戦での結果でしたが,これまで同学年の全員で頑張ってきたので,部全体の結果だったと思う。」と語ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第2学年 「館高力プロジェクト(館プロ)」地域課題講演会

    8月7日(金)7校時,第2学年の総合的な探究の時間「館高力プロジェクト(館プロ)」で,地域課題講演会が行われました。

    講師は,NPO法人「まちづくりスポット仙台」のイワマユキさん。テーマは『気になるテーマの解像度を上げて進め方のイメージをつかむ』。探究のテーマとして選んだ自分自身の興味関心について,様々な角度から深く掘り下げ,さらに「地域」の視点から捉えることで,テーマをより具体化していく活動を講義とワークで行いました。

 

 

 

 

 

PTAによる『朝の一声運動』が行われました。

    8月7日(金)朝,PTA健全育成委員会による『朝の一声運動』が行われました。PTA役員の方々から登校してきた本校生に向けて「おはようございます。」のあいさつとともに,ポケットティッシュと日常生活の注意書きが手渡されました。

   生徒は明日から短い夏休みに入るため,夏休み中においても,「ソーシャルディスタンス」「マスクの着用」「手洗い」を心がけて,引きつづき新型コロナウイルスへの感染防止に気をつけることと,交通事故等にも気をつけるよう注意を促していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3学年 課題探究発表会

    7月31日(金)6・7校時,第3学年の課題探究発表会が行われました。昨年度一年間取り組んだ課題探究の発表会。当初は昨年度の3月に行う予定でしたが,新型コロナウィルス感染拡大に伴う臨時休業によって延期となっていました。

    この日は,第3学年の生徒276名が15の会場に分かれて発表を行いました。「3.11から学ぶ震災前後の地形や土地利用から見える今後の防災的視点の町づくり」「教科書タブレット化における障害」「ハックルベリーの活用~食べやすく,健康的に利用しよう~」など,多様なテーマの発表がありました。発表後は質疑応答が行われ,活発な意見交換が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹奏楽部による中庭コンサート

    7月21日(火)昼休み,中庭において,吹奏楽部による中庭コンサートが行われました。

    約100名が所属する吹奏楽部。例年は,新入生を歓迎するパフォーマンスとして行ってきましたが,今年は6月からの学校スタートとなったため,この時期の開催となりました。

    「少しでも早く今までの生活が戻ってくるように祈りながらパフォーマンスします。」コンサートの案内ビラに記された吹奏楽部の思いに,中庭と各階のベランダには多くの生徒・先生が集まりました。館高吹奏楽部の定番曲である『ディープパープルメドレー』『宝島』のメロディーに,中庭の会場は大いに盛り上がりました。 

    フィナーレには吹奏楽部の演奏に元気と勇気をもらった聴衆から大きな拍手が送られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1・2学年 課題探究「館高力プロジェクト」(館プロ)のスタートアップ

 7月17日(金)3・4校時に第1学年,6・7校時に第2学年の生徒全員が,体育館にて課題探究「館高力プロジェクト(略して館プロ)」のスタートアップを行いました。探究活動は,自分や社会の課題を発見し,調査・研究しながら課題解決力を高める学習です。今年度は,外部組織の支援を受けながら,より本格的な探究活動を実践していきます。この日は,全国で高校生へのキャリア教育を推進する教育NPO法人『カタリバ』から講師の先生を3名お招きし,「探究とは?」の講義と,解決したい課題の「テーマ設定」につなげる学習活動をファシリテート(進行)していただきました。これから課題テーマの解決に向けた「調査アクション」を行い,10月~11月に発表会を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新渡戸文化高校とオンライン交流会

    7月16日(木)放課後,東京都の新渡戸文化高校とオンライン会議システムを活用した交流会を行いました。

 本校の1学年生徒10数名が,8台のiPadに分かれて,オンライン会議システム「Zoom」を活用して,新渡戸文化高校の生徒とつながりました。テーマは「Withコロナで,これからの未来に必要なこと」。4・5月の臨時休業期間に山中伸弥教授の新型コロナウィルス情報発信HPで学びを深めた両校生徒が,Withコロナの世界観の中でこれからの未来に必要なことをディスカッションする交流会でした。

 「コロナ禍で何を考えたか?」「Withコロナで,どんな学びが必要と感じるか?」「Withコロナで,高校生としてどんなことをしてみたいか?」など,少人数のブレ-クアウトルームで10分ずつ様々なテーマで意見が交わされました。東京都は,感染者数が増加傾向にあり,感染に対する緊迫感が画面越しに伝わり,仙台との意識の差を感じました。

 参加した生徒からは,「いろいろなことを知ることができた。ぜひまた参加したい。」との声が寄せられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学年 課題探究ポスターが掲示されました。

    7月8日(木)1Fコモンホールに,第3学年の課題探究ポスター117枚が掲示されました。

現3年生が2年生の時に行った課題探究の発表ポスターで,「乳酸菌には食品として以外にどのような活用方法があるか。」「泉区で子供を産みやすくするために僕たちができることは?」「政宗と七夕の関係」など,多様なテーマの発表ポスターが掲示されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3学年 東北大AO入試ガイダンスと看護医療系ガイダンスが行われました。

    7月8日(水)昼休み,東北大AO入試ガイダンスが行われ,56名の生徒が参加しました。東北大入試に精通する本校3学年主任による講話では,東北大学の入試におけるAO入試の理念からAO入試に挑戦する意義などを丁寧に説明されました。

    また,10日(金)には,看護医療系志望者ガイダンスが行われ30名の生徒が参加しました。本校進路指導長による講話では,入試制度の説明とともに,高度医療に従事する意義や常にスキルアップを求められる医療従事者の資質などのお話もありました。