学校生活の様子

2019年6月の記事一覧

祝 東北高等学校馬術選手権大会 見事優勝!

    令和元年6月7日(金)~9日(日)JRA福島競馬場を会場に,第39回東北高等学校馬術選手権大会が開催され,本校3年大和田遼馬さんが見事優勝を果たし,8月20日(火)・21日(水)に北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開催される,第30回全日本高等学校馬術選手権大会へ出場することになりました。

 大会は,馬場馬術と障害の2種目で争われました。どんよりとした曇り空のもと,前日の雨の影響もあり馬場は不良で,あいにくのコンディションとなりました。馬もスピードが出ると滑って転倒しやすく,足元を気にしながら走る中,大和田君は落ち着いた手綱さばきで馬をコントロールし,見事に優勝の栄冠を勝ち取りました。

  「昨年は早い段階での敗退に悔しい思いをしたが,1年間努力し優勝できてとても自信がついた。」「両親やクラブの先生,学校の先生方などいろいろな人の支えがあっての優勝だった。感謝している。全国大会でも精一杯頑張りたい。」と大会の感想と全国大会への決意を語ってくれました。

 

 

0

2学年「課題探究」のテーマ設定(問い磨き)

    今年度,2学年の総合的な学習の時間では,自分が「興味・関心を持っていること」を深め,学びの姿勢を身につけることを目的に「課題探究」に取り組んでいます。この活動を通して,これからの変化の激しい時代に必要とされる力,課題を見つけ主体的に解決していく能力を高めていきます。

 6月7日(土)7校時,武道場において,2学年生徒全員が1~4名の約120の班に分かれ,自分たちが興味・関心のあることに関する「課題」(問い)を磨く活動を行いました。「課題」について,深く,学術的に,自分らしく探究するために,スマートフォンやマインドマップを使って,対話しながら探究キーワードを広げ,「問い」がより具体的で明確になるよう深掘りしました。

 これからテーマを設定し,情報収集・整理分析を行い,10月11日(金)に第1回の研究発表を行うことになっています。

 

0

本校卒業生による合格体験講話が開催されました。

    6月7日(土)6校時,3学年を対象に,東北大学・宮城教育大学へこの春に現役合格を果たした4名の先輩による合格体験講話が開催されました。

    大学合格までを振り返って後輩たちに伝えたいこととともに,現在の大学生活についても話していただきました。「化学をもっと早くからやっておけばよかった。」など勉強の進め方から,「SNSを完全にシャットアウトした。」「スマホを学校に持ってこなかった。」「地理の受験勉強に役立つゲームがあった。」など,生活の中で工夫したことまで,昨年度受験を経験した先輩だからこそ言える,うまくいったこともうまくいかなかったことも,大変参考となるアドバイスをたくさん聞くことができました。

 

 

0

県高総体 本校生健闘!陸上競技部東北大会出場

    6月1日(土)~3日(月)を中心に,宮城県高等学校総合体育大会が県内各地の会場で開催されました。本校の出場チームはそれぞれが全力を出し尽くし健闘しました。陸上競技では,3年北島寧々さんが,走り高跳びで1m53の記録で4位に入賞し,東北大会出場を決めました。ソフトテニス競技では,3年猪子佳那・朝倉可奈ペアが,インターハイ出場のかかった試合で東北高校の選手と対戦し,一進一退の攻防の末4-2で惜敗しベスト16の結果となりました。その他の上位進出種目及び結果は次のとおりです。

 ○ ハンドボール女子 ベスト8   

○ サッカー      ベスト16

○ バドミントン男子  ベスト16

○ ソフトボール女子 ベスト16

○ ハンドボール男子 ベスト16

○ 弓道男子         準々決勝進出 

 

0