泉館山高校の行事や生徒の活躍などを紹介します
学校生活の様子

平成31年度

2学年「シチズンシップ教育」講演会が行われました。

 7月19日(金)6,7校時,2学年生徒を対象に,主権者としての意識向上をはかるため,「シチズンシップ教育」講演会が行われました。講師は吉野作造記念館 館長 氏家 仁 氏を講師にお招きし,「有権者になる皆さんへ ~吉野作造を通して選挙を考える~」と題したご講演をいただきました。

 間近に控えた参議院議員選挙の政党,候補者の公約の違いなどにも触れ,18歳で有権者となるにあたり,歴史的なこともふまえた視点から選挙について解説をしていただきました。年代により投票率に差があることに触れ「未来を明るくするために,常に正しきを求めていく態度をもってほしい。」とお話しになりました。18歳で有権者となることへの自覚が高まる内容でした。

 

0

東北ジュニアテニス選手権大会にて健闘!

    7月12日(金)~16日(火)岩手県八幡平市にある安比高原テニスクラブを会場に,第41回東北ジュニアテニス選手権大会が開催され,本校1年佐藤亜美さんが出場しました。

 佐藤さんは16歳以下女子シングルスに出場しました。東北地区から32名の選手が出場し,1回戦は青森県の選手に8対2で快勝しました。続く2回戦では準優勝を果たした岩手県の選手に1対8で敗退しました。

    佐藤さんは「実力ある選手を相手に,自分の力は出し切れました。次の大会で上位に進出できるように頑張っていきたい。」と次の大会への決意を語ってくれました。

0

アメリカ研修 班別市内自主研修

現地の日付は7月13日(土)です。

今日は生徒たちが一番楽しみにしてきた市内自主研修が行われました。

昨日の雨空が嘘のように、澄んだ青空、爽やかな風が吹く爽やかな朝を迎え、まさに、自主研修に相応しい、絶好の散策日和です。

各班ごとタフツ大学のキャンパスから、ボストン市内中心部に向かっていきました。皆さんの主な訪問先は、「ハーバード大学自然史博物館」「ニューイングランド水族館」「ボストン公共図書館」「クインシーマーケット」等です。

土地勘がついたこともあり、事前に予定していた行先から全般的に変更をしたので、昨日は班員全員が行先を把握するようミーティングを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食後は、夜のアクティビティを早目に切り上げて寮に戻り、出発に向けた最終確認をしました。

荷造りを完璧にして明朝の出発に備えます。

これで、ボストンでのすべてのプログラムは終了です。

明日の朝は、4時15分に集合してボストンの空港に向かいます。

仙台駅には7月15日(月・祝)の夜に到着の予定です。

0

アメリカ研修 英語クラス最終日

現地の日付は7月12日(金)です。

午前中の英語の授業は今日で終了です。

本校の生徒たちには、ここで出会えた他国の留学生との残された時間を無駄にしまいと、アクションを起こす姿がありました。

日本から持ってきた扇子をプレゼントしたり、SNSのアカウントを聞いたり、自分から働き掛けを行っていました。

昼食会場でも、いままで男子同士でかたまって行動していた生徒たちが、別々に動いて「 Nice to meet you ! 」と果敢に声をかけに行きました。

 

 

 

 

 

 

留学生の生徒にだけでなく、現地スタッフの先生方にも話しかけていたようです。

 

修了証書授与式では、各クラスの英語講師が名前を呼び、一人ずつ修了証書を渡していきます。

はにかみながら修了証書を手にする生徒たちの目には、4日間、国籍や文化背景、年齢の差を乗り越え、同じ教室で学び、友情をはぐくんだ自信がうかがえました。

           各クラスの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泉館山の生徒とEmbassyスタッフの先生方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 午後は、ボストン在住20年以上、医療関連業種を中心にマーケティング会社を経営されている、松川原さんとの懇談会を実施しました。

これから生徒たちが、どのようなスキルや思考をもっていなければいけないのか、世界のグローバル化、経済の急速な変化、AIが台頭してきている社会や企業環境の変化、今まで以上に高度な能力が求められる状況にどのように適応して行けば良いのか、といった貴重なお話をしていただきました。中でも、想像力を膨らませ、仮説をたてることの大切さ、そして自分自身の弱みについても受け入れ、それも含めて大好きになることといった、世界を舞台に働く松川原さんの言葉は、力強く生徒さんの心に響いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のアクティビティは、

①留学生を交えてのさよならパーティー

②レッドソックスの試合観戦

でした。

 さよならパーティーでは、最初はヨーロッパ勢の勢いに押され気味でしたが、群馬県の生徒さんにも声をかけ、「恋ダンス」を披露したり、いつの間にか中国人の輪に入って談笑していたりと、思い出深い夜になったようです。

レッドソックスの試合観戦に出かけた生徒たちは、ドジャースの前田健太投手の登板に目が釘付けでした。雨のため最終回までは観戦できませんでしたが、本場アメリカのエンターテインメントに触れる貴重な体験となりました。

          さよならパーティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日7月13日(土)は班別自主研修です。

0

部活動リーダー研修会

    7月11日(木)に各部活動の部長を対象に,部活動リーダー研修会を行いました。前半は校長先生,小村田先生より,リーダーとしての心構え,持つべき視点等についての講話をいただき,後半はグループに分かれてワークショップを行いました。後半のワークショップでは部活動で起こりうるトラブルの具体的事例を用いての意見交換や館高をより良い学校にするためにどうすべきかについて話し合いを行いました。

 

0

家庭部 びわスイーツを振る舞う。

    プール脇にあるびわの木が今年もたくさんの実をつけてくれました。この恵みで今年は家庭部がたくさんの美味しい“びわスイーツ“を作ってくれ,職員室の先生方に振る舞ってくれました。パイ,プリン,クッキー,ゼリー,ロールケーキ,どれもとても美味しくいただきました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

アメリカ研修 フリーダムトレイルとボストン美術館

 

現地の日付は7月11日(木)です。

今日は曇り空で、風も吹き比較的過ごしやすい一日となりました。

研修も後半に突入し、残り日数のほうが少なくなってきました。

 

食事会場のカフェテリアでは、今日も積極的にコミュニケーションをとろうとする生徒が増えてきました。

 

会話がなかなか続かない生徒は、仙台から持ってきたパンフレットを使って相手の興味を引き出し、自分も話しやすい話題で会話をする工夫をしていました。

 

「実際に話してみると、とても親切で話しやすく、日本にいるときにイメージしていた他国の国民性が覆された」と教えてくれたりするほど親睦を深めている生徒もいます。

 

昨日まで緊張して話せなかった生徒も、勇気をもって話しかけて一緒に食事をしている様子が見られました。

 

今日から午前と午後のプログラムが変わり、午前中が英語クラスとなりました。

クラスも3日目となりクラスメイトとの人間関係も徐々にできてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後のアクティビティは、アメリカ独立と建国の史跡をめぐる「フリーダムトレイルツアー」と「ボストン美術館訪問」です。

アクティビティリーダーの引率でボストンダウンタウンに向かう途中、今日は7月11日ということで、セブンイレブンでフリードリンクをゲットすることができ、ラッキーな経験をしました。

 

フリーダムトレイルツアーの開始地点であるパークストリートに到着し、そこからボストンコモン(アメリカ最古の公園)、金色のドームが壮観な州議事堂、建国の勇士が眠るグラナリー墓地などをめぐりました。アクティビティリーダーから説明を受けたり、西澤先生の手助けをもらったりしながら、アメリカ建国の歴史の一部に触れる貴重な機会となりました。

 

         フリーダムトレイルツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クインシーマーケットを散策し、夕食をとった後、ボストン美術館に向かいました。

2時間の滞在ではすべてを見て回ることはできませんが、夜の時間帯ということもあり、作品を絞ってじっくりと鑑賞することができたようです。

日本の美術館と違い、至近距離での写真撮影も可能ということに生徒たちは驚いていました。

 

           ボストン美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよ英語クラスが最終日となり、修了式も行われます。

つづく。

0

アメリカ研修 ハーバード大学訪問

現地の日付は7月10日(水)です。

ボストンは朝から青空が広がり、連日30度を越える暑さが続いています。

タフツ大学と地下鉄の駅の往復や、授業の移動とアクティビティなど、毎日かなりの距離を歩いていますが、皆さん少しずつボストンでの生活に慣れてきています。

 

食事会場のカフェテリアでは、他国生とコミュニケーションをとろうとする本校の生徒が増えています。

中国からの留学生と仲良くなり毎食テーブルを囲んで談笑する生徒や、毎日違う人に声をかけに行く生徒もいます。

 

 

 

 

 

 

 

本日の午前はハーバード大学訪問です。

大学院博士課程に在籍し、化学(触媒)を専攻されている村本さんに、キャンパスを案内していただきながらお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村本さんは、幼少期をフィリピンやインドで過ごし、早稲田大学で応用化学を学んだそうです。現在は研究の傍ら、学部生の化学の授業のティーチングアシスタント(TA)もなされています。 

村本さんには、学生生活の様子のほかに、ガイドブックに載っていない研究室の様子やワイドナー図書館、サイエンスセンターなどを案内していただきました。

その後昨日のように座談会となりました。

時間が限られており質問の時間は多く取れませんでしたが、高校生が興味があるさまざまなトピックを話していただきました。

最後の感謝の言葉を述べる時には、今日も自分から名乗り出てくれた生徒がいて、自分の思いをしっかりと伝えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後はタフツ大学で英語クラス2日目です。

少しずつクラスにも慣れてきて、休憩時間に仲良くなった留学生とアドレスを交換したり、写真を撮ったりする生徒もいました。

英語クラスやアクティビティでは、他国生の英語力や発信力にも驚いている生徒もいて、多くの刺激を受けている様子です。

 

 

イブニングアクティビティは、「スポーツアクティビティ」と「ビーコンヒル散策」の2つの選択となりました。

写真はスポーツアクティビティとその後のカードゲームの様子です。

きみどり色のTシャツの方は、現地のスタッフの皆さんです。

 

 

 

 

 

 

つづく。

0

アメリカ研修 マサチューセッツ工科大学と英語クラス

現地の日付は7月9日(火)です。

ボストンでの研修が本格的に始まりました。

今日の研修は、午前がボストン市内での研修で、午後はタフツ大学に戻って英語クラスとなりました。

 

午前中はマサチューセッツ工科大学(MIT)を訪問しました。

大学院博士課程工学専攻(材料)の張幸夫さんに、最先端の研究が行われているキャンパス内を案内していただきました。

張さんは、大学と大学院の修士課程を東北大学で学ばれた後に、MITに留学したのだそうです。

この日はドームの中の図書館まで特別に見学させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学後は張さんとの座談会を行いました。

座談会では約30分の質問タイムがあり、真面目なお話からプライベートなことまで、さまざまな質問が飛び出しました。

張さんから一つ一つの質問に丁寧に答えていただき、締めくくりとして感謝の言葉を自ら手を挙げて伝える生徒が出るなど、生徒の積極性が強く感じられる座談会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

午後はタフツ大学での英語クラスです。昨日のプレイスメントテストの結果により 5つのクラスに分けられ、全員インターナショナルクラスになりました。

今週はカザフスタンと中国のグループが一緒に滞在していて、英語クラスも一緒です。
その他に、スペイン、ロシア、ジョージア、ベネズエラ、イタリア、ブラジル、チュニジアの留学生が、個人で参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のアクティビティーでは、他の留学生と共にチームでヒントを集め、答えを導き出していくゲームと、サッカーの2つの選択制で、今日も朝から夜遅くまでプログラムが続きました。

 

 

 

 

 

 

 明日は研修の折り返しの日。自分が立ててきた目標を達成できるように、皆さん頑張っています。

つづく。

0

アメリカ研修 ボストン・タフツ大学に到着

現地時間7月8日(月)午前5時、ホテルを後にしてデトロイト空港に向かいました。

デトロイトからボストンへは、2つの便の航空機に分かれての移動となります。第1便は7時35分発、第2便は10時10分発です。

写真左はデトロイト空港。右は第2便のボストン到着を、スタッフが出迎えたところです。

丸2日かけてようやく全員ボストンに到着しました。

 

 

 

 

 

 

ボストンのローガン空港からタフツ大学までは車で20分くらいの距離です。

到着後、大学の寮の基本ルールの説明を受け、各部屋に入りました。

部屋はシングルやツインルームでの利用となります。

 

昼食をとった後はオリエンテーション、プレイスメントテスト、キャンパスツアーです。

ここからは、日本からの学生も含め様々な国からの留学生と一緒です。

 

 

 

 

 

 

キャンパスツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食後は、イブニングアクティビティです。皆さん疲れてはいますが、貴重な時間を無駄にしたくないという思いからか、全員参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からは、ボストンでの研修が本格的にスタートします。

つづく。

 

0