学校生活の様子

平成31年度

2学年「シチズンシップ教育」講演会が行われました。

 7月19日(金)6,7校時,2学年生徒を対象に,主権者としての意識向上をはかるため,「シチズンシップ教育」講演会が行われました。講師は吉野作造記念館 館長 氏家 仁 氏を講師にお招きし,「有権者になる皆さんへ ~吉野作造を通して選挙を考える~」と題したご講演をいただきました。

 間近に控えた参議院議員選挙の政党,候補者の公約の違いなどにも触れ,18歳で有権者となるにあたり,歴史的なこともふまえた視点から選挙について解説をしていただきました。年代により投票率に差があることに触れ「未来を明るくするために,常に正しきを求めていく態度をもってほしい。」とお話しになりました。18歳で有権者となることへの自覚が高まる内容でした。

 

0

東北ジュニアテニス選手権大会にて健闘!

    7月12日(金)~16日(火)岩手県八幡平市にある安比高原テニスクラブを会場に,第41回東北ジュニアテニス選手権大会が開催され,本校1年佐藤亜美さんが出場しました。

 佐藤さんは16歳以下女子シングルスに出場しました。東北地区から32名の選手が出場し,1回戦は青森県の選手に8対2で快勝しました。続く2回戦では準優勝を果たした岩手県の選手に1対8で敗退しました。

    佐藤さんは「実力ある選手を相手に,自分の力は出し切れました。次の大会で上位に進出できるように頑張っていきたい。」と次の大会への決意を語ってくれました。

0

アメリカ研修 班別市内自主研修

現地の日付は7月13日(土)です。

今日は生徒たちが一番楽しみにしてきた市内自主研修が行われました。

昨日の雨空が嘘のように、澄んだ青空、爽やかな風が吹く爽やかな朝を迎え、まさに、自主研修に相応しい、絶好の散策日和です。

各班ごとタフツ大学のキャンパスから、ボストン市内中心部に向かっていきました。皆さんの主な訪問先は、「ハーバード大学自然史博物館」「ニューイングランド水族館」「ボストン公共図書館」「クインシーマーケット」等です。

土地勘がついたこともあり、事前に予定していた行先から全般的に変更をしたので、昨日は班員全員が行先を把握するようミーティングを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食後は、夜のアクティビティを早目に切り上げて寮に戻り、出発に向けた最終確認をしました。

荷造りを完璧にして明朝の出発に備えます。

これで、ボストンでのすべてのプログラムは終了です。

明日の朝は、4時15分に集合してボストンの空港に向かいます。

仙台駅には7月15日(月・祝)の夜に到着の予定です。

0

アメリカ研修 英語クラス最終日

現地の日付は7月12日(金)です。

午前中の英語の授業は今日で終了です。

本校の生徒たちには、ここで出会えた他国の留学生との残された時間を無駄にしまいと、アクションを起こす姿がありました。

日本から持ってきた扇子をプレゼントしたり、SNSのアカウントを聞いたり、自分から働き掛けを行っていました。

昼食会場でも、いままで男子同士でかたまって行動していた生徒たちが、別々に動いて「 Nice to meet you ! 」と果敢に声をかけに行きました。

 

 

 

 

 

 

留学生の生徒にだけでなく、現地スタッフの先生方にも話しかけていたようです。

 

修了証書授与式では、各クラスの英語講師が名前を呼び、一人ずつ修了証書を渡していきます。

はにかみながら修了証書を手にする生徒たちの目には、4日間、国籍や文化背景、年齢の差を乗り越え、同じ教室で学び、友情をはぐくんだ自信がうかがえました。

           各クラスの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泉館山の生徒とEmbassyスタッフの先生方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 午後は、ボストン在住20年以上、医療関連業種を中心にマーケティング会社を経営されている、松川原さんとの懇談会を実施しました。

これから生徒たちが、どのようなスキルや思考をもっていなければいけないのか、世界のグローバル化、経済の急速な変化、AIが台頭してきている社会や企業環境の変化、今まで以上に高度な能力が求められる状況にどのように適応して行けば良いのか、といった貴重なお話をしていただきました。中でも、想像力を膨らませ、仮説をたてることの大切さ、そして自分自身の弱みについても受け入れ、それも含めて大好きになることといった、世界を舞台に働く松川原さんの言葉は、力強く生徒さんの心に響いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のアクティビティは、

①留学生を交えてのさよならパーティー

②レッドソックスの試合観戦

でした。

 さよならパーティーでは、最初はヨーロッパ勢の勢いに押され気味でしたが、群馬県の生徒さんにも声をかけ、「恋ダンス」を披露したり、いつの間にか中国人の輪に入って談笑していたりと、思い出深い夜になったようです。

レッドソックスの試合観戦に出かけた生徒たちは、ドジャースの前田健太投手の登板に目が釘付けでした。雨のため最終回までは観戦できませんでしたが、本場アメリカのエンターテインメントに触れる貴重な体験となりました。

          さよならパーティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日7月13日(土)は班別自主研修です。

0

部活動リーダー研修会

    7月11日(木)に各部活動の部長を対象に,部活動リーダー研修会を行いました。前半は校長先生,小村田先生より,リーダーとしての心構え,持つべき視点等についての講話をいただき,後半はグループに分かれてワークショップを行いました。後半のワークショップでは部活動で起こりうるトラブルの具体的事例を用いての意見交換や館高をより良い学校にするためにどうすべきかについて話し合いを行いました。

 

0

家庭部 びわスイーツを振る舞う。

    プール脇にあるびわの木が今年もたくさんの実をつけてくれました。この恵みで今年は家庭部がたくさんの美味しい“びわスイーツ“を作ってくれ,職員室の先生方に振る舞ってくれました。パイ,プリン,クッキー,ゼリー,ロールケーキ,どれもとても美味しくいただきました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

アメリカ研修 フリーダムトレイルとボストン美術館

 

現地の日付は7月11日(木)です。

今日は曇り空で、風も吹き比較的過ごしやすい一日となりました。

研修も後半に突入し、残り日数のほうが少なくなってきました。

 

食事会場のカフェテリアでは、今日も積極的にコミュニケーションをとろうとする生徒が増えてきました。

 

会話がなかなか続かない生徒は、仙台から持ってきたパンフレットを使って相手の興味を引き出し、自分も話しやすい話題で会話をする工夫をしていました。

 

「実際に話してみると、とても親切で話しやすく、日本にいるときにイメージしていた他国の国民性が覆された」と教えてくれたりするほど親睦を深めている生徒もいます。

 

昨日まで緊張して話せなかった生徒も、勇気をもって話しかけて一緒に食事をしている様子が見られました。

 

今日から午前と午後のプログラムが変わり、午前中が英語クラスとなりました。

クラスも3日目となりクラスメイトとの人間関係も徐々にできてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後のアクティビティは、アメリカ独立と建国の史跡をめぐる「フリーダムトレイルツアー」と「ボストン美術館訪問」です。

アクティビティリーダーの引率でボストンダウンタウンに向かう途中、今日は7月11日ということで、セブンイレブンでフリードリンクをゲットすることができ、ラッキーな経験をしました。

 

フリーダムトレイルツアーの開始地点であるパークストリートに到着し、そこからボストンコモン(アメリカ最古の公園)、金色のドームが壮観な州議事堂、建国の勇士が眠るグラナリー墓地などをめぐりました。アクティビティリーダーから説明を受けたり、西澤先生の手助けをもらったりしながら、アメリカ建国の歴史の一部に触れる貴重な機会となりました。

 

         フリーダムトレイルツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クインシーマーケットを散策し、夕食をとった後、ボストン美術館に向かいました。

2時間の滞在ではすべてを見て回ることはできませんが、夜の時間帯ということもあり、作品を絞ってじっくりと鑑賞することができたようです。

日本の美術館と違い、至近距離での写真撮影も可能ということに生徒たちは驚いていました。

 

           ボストン美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよ英語クラスが最終日となり、修了式も行われます。

つづく。

0

アメリカ研修 ハーバード大学訪問

現地の日付は7月10日(水)です。

ボストンは朝から青空が広がり、連日30度を越える暑さが続いています。

タフツ大学と地下鉄の駅の往復や、授業の移動とアクティビティなど、毎日かなりの距離を歩いていますが、皆さん少しずつボストンでの生活に慣れてきています。

 

食事会場のカフェテリアでは、他国生とコミュニケーションをとろうとする本校の生徒が増えています。

中国からの留学生と仲良くなり毎食テーブルを囲んで談笑する生徒や、毎日違う人に声をかけに行く生徒もいます。

 

 

 

 

 

 

 

本日の午前はハーバード大学訪問です。

大学院博士課程に在籍し、化学(触媒)を専攻されている村本さんに、キャンパスを案内していただきながらお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村本さんは、幼少期をフィリピンやインドで過ごし、早稲田大学で応用化学を学んだそうです。現在は研究の傍ら、学部生の化学の授業のティーチングアシスタント(TA)もなされています。 

村本さんには、学生生活の様子のほかに、ガイドブックに載っていない研究室の様子やワイドナー図書館、サイエンスセンターなどを案内していただきました。

その後昨日のように座談会となりました。

時間が限られており質問の時間は多く取れませんでしたが、高校生が興味があるさまざまなトピックを話していただきました。

最後の感謝の言葉を述べる時には、今日も自分から名乗り出てくれた生徒がいて、自分の思いをしっかりと伝えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後はタフツ大学で英語クラス2日目です。

少しずつクラスにも慣れてきて、休憩時間に仲良くなった留学生とアドレスを交換したり、写真を撮ったりする生徒もいました。

英語クラスやアクティビティでは、他国生の英語力や発信力にも驚いている生徒もいて、多くの刺激を受けている様子です。

 

 

イブニングアクティビティは、「スポーツアクティビティ」と「ビーコンヒル散策」の2つの選択となりました。

写真はスポーツアクティビティとその後のカードゲームの様子です。

きみどり色のTシャツの方は、現地のスタッフの皆さんです。

 

 

 

 

 

 

つづく。

0

アメリカ研修 マサチューセッツ工科大学と英語クラス

現地の日付は7月9日(火)です。

ボストンでの研修が本格的に始まりました。

今日の研修は、午前がボストン市内での研修で、午後はタフツ大学に戻って英語クラスとなりました。

 

午前中はマサチューセッツ工科大学(MIT)を訪問しました。

大学院博士課程工学専攻(材料)の張幸夫さんに、最先端の研究が行われているキャンパス内を案内していただきました。

張さんは、大学と大学院の修士課程を東北大学で学ばれた後に、MITに留学したのだそうです。

この日はドームの中の図書館まで特別に見学させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学後は張さんとの座談会を行いました。

座談会では約30分の質問タイムがあり、真面目なお話からプライベートなことまで、さまざまな質問が飛び出しました。

張さんから一つ一つの質問に丁寧に答えていただき、締めくくりとして感謝の言葉を自ら手を挙げて伝える生徒が出るなど、生徒の積極性が強く感じられる座談会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

午後はタフツ大学での英語クラスです。昨日のプレイスメントテストの結果により 5つのクラスに分けられ、全員インターナショナルクラスになりました。

今週はカザフスタンと中国のグループが一緒に滞在していて、英語クラスも一緒です。
その他に、スペイン、ロシア、ジョージア、ベネズエラ、イタリア、ブラジル、チュニジアの留学生が、個人で参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のアクティビティーでは、他の留学生と共にチームでヒントを集め、答えを導き出していくゲームと、サッカーの2つの選択制で、今日も朝から夜遅くまでプログラムが続きました。

 

 

 

 

 

 

 明日は研修の折り返しの日。自分が立ててきた目標を達成できるように、皆さん頑張っています。

つづく。

0

アメリカ研修 ボストン・タフツ大学に到着

現地時間7月8日(月)午前5時、ホテルを後にしてデトロイト空港に向かいました。

デトロイトからボストンへは、2つの便の航空機に分かれての移動となります。第1便は7時35分発、第2便は10時10分発です。

写真左はデトロイト空港。右は第2便のボストン到着を、スタッフが出迎えたところです。

丸2日かけてようやく全員ボストンに到着しました。

 

 

 

 

 

 

ボストンのローガン空港からタフツ大学までは車で20分くらいの距離です。

到着後、大学の寮の基本ルールの説明を受け、各部屋に入りました。

部屋はシングルやツインルームでの利用となります。

 

昼食をとった後はオリエンテーション、プレイスメントテスト、キャンパスツアーです。

ここからは、日本からの学生も含め様々な国からの留学生と一緒です。

 

 

 

 

 

 

キャンパスツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食後は、イブニングアクティビティです。皆さん疲れてはいますが、貴重な時間を無駄にしたくないという思いからか、全員参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からは、ボストンでの研修が本格的にスタートします。

つづく。

 

0

アメリカ研修 デトロイト到着

7月7日(日)成田空港には予定通り到着。

セルフチェックイン、セキュリティチェック、出国審査とスムーズに終了。

ところが、雨天の影響などで各便に発着の遅れが生じ、2時間以上遅れての離陸となりました。

 

12時間の長いフライトを経て、無事デトロイトに到着。

入国審査はみんなドキドキでしたが、全員無事アメリカに入国できました。

しかし、国際便の遅延と入国審査場の混雑により、ボストンへの経由便の時間に間に合わず、本日は空港近くのホテルに1泊することを余儀なくされました。

皆さん長時間の移動で疲れは見えますが、体調不良はなく元気な様子です。

この日は、空港でのスケジュールの変更が頻繁に起こるということを肌で感じた1日となりました。

明日朝は5時に空港に向かいます。

0

アメリカ研修 出発

7月7日仙台駅7:40集合。

出発式では、生徒代表の「学び多い研修にしていきたい」という堂々とした挨拶を皮切りに、今年度のアメリカ研修がスタートしました。

今年は参加者21名。元気にいってらっしゃい!

 

仙台駅にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成田空港にて

成田空港にて

0

2学年 東北大学オープンキャンパスガイダンス

 7月5日(金)6・7校時,東北大学オープンキャンパスガイダンスが開催されました。

 第一部は,株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 小山田衣里 氏 をお迎えし,7月末に行われる東北大学オープンキャンパスに参加する際のポイントなどを解説していただきました。

 その後,第二部として小山田氏のファシリテートのもと,東北大学に通う本校卒業生12名から,学部・学科での研究内容の説明や大学入試に向けた高校生活へのアドバイスをしていただきました。「文学部で行動科学を研究しています。高校時代は数学が苦手だったのですが,今は数理社会学でプログラミング解析など数学がいっぱい出てきます。」「農学部で学んでいます。元々薬に興味があったのですが,オープンキャンパスなどで薬学部から農学部に視野を広げられました。他の学部をみることも大切。」など,具体的で参考になるアドバイスを聞くことができました。

 第三部は,東北大生との座談会が行われ,先輩を囲んで受験準備の仕方,日頃の学生生活や卒業後の展望などより詳しく話を聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

1学年総合的な学習の時間「探究学習ガイダンス」

    7月5日、宮城大学の三浦幸平先生をお招きして、総合的な学習「探究学習ガイダンス」を行いました。本校では「探究的な学習」を1学年から実施します。今回は夏休み明けからスタートする本格的な研究活動に先立ち、「研究とは何か」「研究で気をつけることは何か」というテーマで講演をいただきました。

    前半は、先生の自己紹介を交えながら、「問題の前提条件を正しく把握することが大切である」ということや、「研究の結論とは分析の結果であり、自分の意見ではない」という、研究の基本的な注意点を教えていただきました。また、「研究」と「科目の学習」の違いについても、問題の設定や解決までにたどりうる手順というポイントから、ご指導いただきました。

    後半は、先生のご専門や大学でのご指導内容をベースに講義をいただきました。「グラフ」や「一筆書き」を例に、与えられた問題を抽象化することで解決への糸口を探り、「答えはこうではないか」という仮定を法則として一般化するプロセスを体験しました。またその過程で、仮説を立てるためにはある程度の量のデータが必要であること、データにはイレギュラーなものもあり得るということも実感できたと思います。

    講演の最後には、物事を暗記することだけに頼らない「学び」の重要性から、「探究心を持って学ぶこと」の意義について、メッセージをいただきました。大学の先生と接し、講演をいただくことは一年生にとっては初めてのことだったので、貴重な経験になったと思います。

0

館高三大行事の一つ,校内球技大会盛大に開催

    6月27日(木),28日(金)の2日間,館高三大行事の一つである校内球技大会が盛大に開催されました。種目は,屋内競技がバスケットボール男女,バレーボール男女,卓球男女で,屋外競技がドッジボール男女,ミニサッカー男子,Tボール女子があり,全種目クラス対抗のトーナメント方式で行われました。

    一日目は穏やかな天候のもと,気温も上がることなく絶好の球技大会日和となりました。一日目の夕刻から降り出した雨の影響により,二日目のミニサッカーの決勝は,滑りやすいグランドコンディションの中で行われましたが,二日間を通じて屋内外ともに熱い戦いが繰り広げられました。勢いに乗った下級生と貫禄ある上級生がぶつかり合う激しく見応えのある試合が多く,選手と応援団が一丸となった戦いが展開され,どのクラスも一体感が強まっていく様子がうかがえた素晴らしい球技大会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

祝 県高校総体水泳競技 東北大会出場!

   令和元年6月21日(金)~23日(日)セントラルスポーツ宮城G21プールを会場に,第68回宮城県高等学校総合体育大会水泳競技大会が開催されました。本校から1年熊谷みづきさんが女子200m自由形に出場し,2分22秒37の記録で6位入賞を果たし,7月19日(金)から福島県郡山市で開催される東北大会への出場権を獲得しました。

 熊谷さんはスタートから終盤まで,終始安定したペース配分でレースを進め,後半は3人の選手による熾烈な6位争いが展開される中,最後に競り合いを抜け出しました。東北大会での健闘を期待しています。

 

 

0

祝 東北高等学校馬術選手権大会 見事優勝!

    令和元年6月7日(金)~9日(日)JRA福島競馬場を会場に,第39回東北高等学校馬術選手権大会が開催され,本校3年大和田遼馬さんが見事優勝を果たし,8月20日(火)・21日(水)に北海道苫小牧市のノーザンホースパークで開催される,第30回全日本高等学校馬術選手権大会へ出場することになりました。

 大会は,馬場馬術と障害の2種目で争われました。どんよりとした曇り空のもと,前日の雨の影響もあり馬場は不良で,あいにくのコンディションとなりました。馬もスピードが出ると滑って転倒しやすく,足元を気にしながら走る中,大和田君は落ち着いた手綱さばきで馬をコントロールし,見事に優勝の栄冠を勝ち取りました。

  「昨年は早い段階での敗退に悔しい思いをしたが,1年間努力し優勝できてとても自信がついた。」「両親やクラブの先生,学校の先生方などいろいろな人の支えがあっての優勝だった。感謝している。全国大会でも精一杯頑張りたい。」と大会の感想と全国大会への決意を語ってくれました。

 

 

0

2学年「課題探究」のテーマ設定(問い磨き)

    今年度,2学年の総合的な学習の時間では,自分が「興味・関心を持っていること」を深め,学びの姿勢を身につけることを目的に「課題探究」に取り組んでいます。この活動を通して,これからの変化の激しい時代に必要とされる力,課題を見つけ主体的に解決していく能力を高めていきます。

 6月7日(土)7校時,武道場において,2学年生徒全員が1~4名の約120の班に分かれ,自分たちが興味・関心のあることに関する「課題」(問い)を磨く活動を行いました。「課題」について,深く,学術的に,自分らしく探究するために,スマートフォンやマインドマップを使って,対話しながら探究キーワードを広げ,「問い」がより具体的で明確になるよう深掘りしました。

 これからテーマを設定し,情報収集・整理分析を行い,10月11日(金)に第1回の研究発表を行うことになっています。

 

0

本校卒業生による合格体験講話が開催されました。

    6月7日(土)6校時,3学年を対象に,東北大学・宮城教育大学へこの春に現役合格を果たした4名の先輩による合格体験講話が開催されました。

    大学合格までを振り返って後輩たちに伝えたいこととともに,現在の大学生活についても話していただきました。「化学をもっと早くからやっておけばよかった。」など勉強の進め方から,「SNSを完全にシャットアウトした。」「スマホを学校に持ってこなかった。」「地理の受験勉強に役立つゲームがあった。」など,生活の中で工夫したことまで,昨年度受験を経験した先輩だからこそ言える,うまくいったこともうまくいかなかったことも,大変参考となるアドバイスをたくさん聞くことができました。

 

 

0

県高総体 本校生健闘!陸上競技部東北大会出場

    6月1日(土)~3日(月)を中心に,宮城県高等学校総合体育大会が県内各地の会場で開催されました。本校の出場チームはそれぞれが全力を出し尽くし健闘しました。陸上競技では,3年北島寧々さんが,走り高跳びで1m53の記録で4位に入賞し,東北大会出場を決めました。ソフトテニス競技では,3年猪子佳那・朝倉可奈ペアが,インターハイ出場のかかった試合で東北高校の選手と対戦し,一進一退の攻防の末4-2で惜敗しベスト16の結果となりました。その他の上位進出種目及び結果は次のとおりです。

 ○ ハンドボール女子 ベスト8   

○ サッカー      ベスト16

○ バドミントン男子  ベスト16

○ ソフトボール女子 ベスト16

○ ハンドボール男子 ベスト16

○ 弓道男子         準々決勝進出 

 

0

高校総体壮行式が行われました。

     5月24日(金)午後,高校総体壮行式が行われました。6月1日から行われる高校総体に向けて,校長先生から激励の挨拶があり,その後,各部の選手から大会に向けた力強い決意表明がありました。「これまで支えてくれた親や仲間,周囲の人のためにも・・・」との言葉を多くの選手が口にしており,目標の達成を目指すとともに,高校生活の集大成として様々な思いを胸に大会に臨む様子がうかがわれました。

 

0

保護者向け進路講演会が行われました

 5月11日(月)から13日(水)までの午後,3日間にわたり各学年の保護者向け進路講演会が開催されました。平日の開催にもかかわらず各学年ともに,全生徒の半数にあたる約140名の保護者にご参加いただきました。

 内容は,予備校講師および本校進路指導部教員による講演で,大学入試制度の詳細や最新入試動向,変化する社会を背景とした教育改革,大学入試改革の話題から,本校の生徒および保護者がどのように向き合っていけばよいか,本校卒業生の具体的な事例なども踏まえながら解説していただきました。

 

 

0

祝 泉三校定期戦 史上初の総合5連覇!

 平成31年4月26日(金)泉総合運動場体育館をメイン会場に,泉高校,泉松陵高校,泉館山高校三校による,第34回泉三校定期戦が開催され,本校が史上初となる総合5連覇を成し遂げました。

 平成最後の授業日となったこの日,朝から大粒の雨が降るあいにくの天気となりました。開会式での三校による応援合戦の後,中止となった硬式野球を除く計21種目の競技で熱戦が繰り広げられ,本校は12種目で優勝を果たしました。閉会式では,三校代表生徒から互いの健闘をたたえる言葉が述べられました。また三校応援団から泉三校の融和を意味する「泉和エール」が切られ,三校生徒による「フレーフレー泉和(せんわ)」の大合唱が会場中に響き渡りました。 

開会式での応援合戦

 

 

 

0

交通安全教室が開催されました

    4月20日(土)1校時,全校対象の交通安全教室が泉警察署目黒健也交通課長を講師として開催されました。本校は約3分の2の生徒が自転車で通学しており,この日は特に自転車走行に関わる法規と安全な走行について,ビデオと泉区内の具体的な自転車事故事例等をもとに,詳しく説明をしていただきました。

 

0

祝 第37回入学式が厳かにかつ盛大に行われました

      平成31年4月8日(月)の午後,多くのご来賓,新入生の保護者をお迎えし,第37回入学式が厳かかつ盛大に行われ,男子133名,女子147名,計280名の新しい館高生が誕生しました。

   学校長式辞で校長先生が,「志を高く持って自分の可能性を追求すること,仲間と助け合い分かち合う楽しみを味わうことは,社会を生きていく上で大切な事柄である。どのように世の中を作っていくかを考え,社会において果たすべき使命を自覚し,社会に貢献するために必要な資質を備え,真に有為な人材として社会を支える人になることを期待する。」と,新入生への期待の言葉を述べました。

   これを受けて,新入生代表宣誓では,代表の荒颯花さんが,「自ら考え行動することを大切にしたい。元号が改まるという大きな変化がある年に高校に入学します。次の時代を,日本の未来を引っ張っていく役割を担うものとして,広い視野を持ち,様々な立場で物事を考えられるよう努力したい。」と,これからの高校生活に向けた誓いの言葉を述べました。

 

0